大谷翔平よりヌートバーが好き???

お金の知恵アカデミーの高田です。

盛り上がってますね!WBC!!

私はもともと野球観戦が大好きなので日本での5試合はまさに夢のような時間でした。メジャーリーグに行った選手も含め、日本のエースたち、4番バッターが集結してるチームなんて、今後みることができるんでしょうか。そして、各選手がそれぞれの力を出して活躍している姿は、感動!興奮!あ、失礼しました。本題です。

野球は1チーム9人です。攻撃は、9人があらかじめ決めた順番で打席に立ちます。では、1番から9番までどのような順番にするのがいいのでしょう?素人考え的には、上手い人から打っていった方が、先に点を取れるような気もしますが、大谷が1番ではもったいないです。

塁に誰もいない時にホームランを打つよりも、何人か出塁している場面でホームランを打ってくれる方が大量点につながります。なので、大谷のようによく打つ人は、少し後の方がいいということです。

ですから、1番、2番の役割は、とにかく塁に出ること。たとえ内野ゴロでも足が早ければ出塁する可能性は高くなります。3番、4番は長打などで、点を取ることが役割。チームの花形選手ですね。

5番、6番は、3番・4番がダメな場合でもカバーしてくれるような選手がいいです。7番、8番、9番は、どちらかというと打つことより守りに力を入れてほしい人。できれば先頭につなぎたい。

こんなふうに打順によって、役割が違うし、それぞれの個性や強みがあってこそ、強い「打線」になるのだと思います。自分のお金のことも、こんな風に役目を考えて組み合わせると「線」になってスムーズにいきそうですよね。

1,2番

とにかく確実に堅実に貯めて、小回りがきく預金。

3,4番

貯まったお金を大きくふやす可能性がある株式投資や株式投資信託。

5,6番

株式投資がうまくいかない時には、カバーしてくれるREIT。

7,8,9番

家計を守るため、貯蓄をするために節約したり、家計簿を付けたりする。皆さんもご自身の打線ならぬ「金線」を考えてみてくださいね。

野球の話しに戻りますが、私はホームランバッターよりも、1,2番を打てるような足が速い選手が好きです。でも、大谷選手は大好きですよー。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

自己理解からはじめるお金の勉強!

持ち味