何のことか知ってますか? CMで流れているリ・バース60

ここのところ、【リ・バース60】のテレビCMをよく見かけます。馴染みがない商品名なので、気に留める人は少ないだろうなーと思いながら見ています。

なので、このメルマガをお読みいただいている皆様には、これが何なのかをお伝えし、こういうものが世の中にあるということを知っていただければと思います。

リ・バース60 は一言でいえば、老後の住まいのためのローンです。老後に住み替えしたり、リフォームしたり、高齢者向け住宅の入居一時金に使ったりすることができます。

でも、一般的な住宅ローンとは大きな違いがあります。例えば、リフォームのために500万円を借りたとします。

●一般的な住宅ローンの場合

15年返済 金利1.5% 毎月返済額 31,037円

●リ・バース60の場合

金利2.5% 毎月返済額 10,416円

(試算はいずれも2021年8月現在の金利水準参考)

リ・バース60だと、毎月の負担額が少なくて済むので、収入が少ない老後でも返済はしやすいですね。

なぜ、このような返済額になるのかというと、「元金」を返さずに金利だけを支払っているからです。一般的な住宅ローンは、毎月少しずつ元金も返しています。元金を返さないということは、ずっと借入金が残ります。この借入金(元金)は死亡後に自宅を売却するなどで返済する、という仕組みです。

自宅はあるのだけど、今のままでは老後は住みにくい、でも、住み替えたりリフォームしたりするお金はない、というような時にはきっと役立つローンです。

ただし、基本は、死亡後に自宅を売却するので家族に残すことができません。この点だけ家族全員の合意が取れれば、不動産を活用できる良い仕組みだと思います。

ちょっと難しかったでしょうか?老後の住まいに関して、こんなお金の調達方法もあるということを知っていただければ選択肢も広がります。そして、もしCMを見かけたら、ちょっと興味を持って見てみてくださいね。

★「お金の知恵アカデミー」オンライン体験会!

開催しています!

↓↓↓