ポイントは使い勝手の良さが大事です!

いつもお読みくださり、誠にありがとうございます。

お金の知恵アカデミー(金融デザイン株式会社)の高田です。

クレジットカードやポイントカードは還元率については注目されやすいのですが、どんなに貯まって、失効させては還元率にこだわった意味がありませんね。また、還元率が良かったのに、使う時の戻し率が悪いと損した気持ちになります。

ですので、クレジットカードなどを選ぶ際は、次の点にも注目してください。

・ポイントは何に使えるのか

・1Pあたりの金額

・ポイントの有効期限

・ポイント残高の確認のしやすさ

ポイントの使い方としては、主に

・買い物で使用

・商品と交換

・提携先のポイントと交換

・クレジット利用金額の支払いに充当

・ポイント運用

などが挙げられます。

この中でも、利用金額の支払いに充当することができれば、ポイントの使い漏れを防ぎやすいです。アマゾン券などにかえることができれば幅広いお買い物に使えるのですが、例えば、三井住友のVポイントでは、1P→0.8円に減ってしまいますので、できれば、ポイントのまま使いたいですね。

ANAやJALのマイレージは、特典航空券にかえるのが最も効率的です。マイラーの方はご存知だと思いますが通常の特典航空券よりもさらにお得な「トクたびマイル」(ANA)や「どこかにマイル」(JAL)などもあります。

このようなサービスを使うと片道、3,500円程度に該当するマイレージで国内のどこかに旅することもできるので、旅好きには最高です。私はJALのマイラーですが、マイルが貯まっていることで、旅行に行こう!と気軽に思えることが何よりの利点だと感じています。

ANAにはANA PAYというものがあってチャージすることで、Visaの加盟店で使えるので、マイレージの残りが出た場合でも、使い切りやすいですね。ポイントの使いやすさは、自分がよく使うものかどうかで判断しましょう。

そして、なにげに重要なのが、ポイント残高の確認のしやすさです。これは、アプリを使うことをお勧めします。D払いやPayPayのようなQRコード決済をお使いの方は、いつもポイントがみえていますよね。期間限定ポイントも表示されていて、いつまでに使わないと失効してしまうかもすぐに分かります。

お使いのクレジットカードやポイントカードにアプリがあれば、なるべくアプリを利用してください。私は、JREポイントはほったらかしでほぼほぼ失効させてきましたが、アプリを入れたらチェックしやすくなって、うまく使えるようになりました。

ポイントも、チリも積もれば山となる、で、きちんと使い切っているとかなりの金額になるはずです。貯めやすい、使いやすい、チェックしやすい、に注目して、上手に使ってくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

投資信託のことをちゃんと勉強したい方へ