50代からでも遅くない!iDeCoの年齢延長

DC お金の知恵

iDeCoの加入期間が65歳までに延長されます!

iDeCo(個人型確定拠出年金)は20歳以上60歳以下のいわゆる現役時代に掛金を拠出して、60歳以降に受け取り、老後資金として活用する、というものです。

ただし、60歳から受け取るには、10年以上の加入期間が必要なので、50代になってから始めると受け取りまでの空白期間のようなものが生じてしまうため、50代だと、使い方が難しかったのです。このiDeCoの制度内容が2022年に一部変更されます。

大きな変更点は、65歳まで加入できるようになること。(2022年5月から。ただし、国民年金に加入していることが条件。)例えば、53歳から始めた人は、加入期間 が7年で62歳から受け取り可能。

60歳から2年間は運用だけ行う期間となり、かつ、その間も管理手数料は支払わなくてはなりませんでした。

しかし、65歳まで加入できるということは、受け取り可能になるまで掛金を拠出し、積立を続けられるということです。そして、最近では、65歳までは会社で働く方も増えています。

iDeCoの大きな魅力は、掛金が全額所得控除になり、節税できること。老後資金準備のラストスパートの時期に、節税しながら、資産の積み増しができるようになるのは嬉しい制度改正です。

もし、そもそも始めたいなと思っていた方なら、1ヶ月でも早い方が、来年の所得税の軽減額も多くなるはずですので、一歩を踏み出してくださいね。

iDeCoを初めたいけど、どのファンドを選んだらいいかわからないという方は、必見!
↓↓↓